商品紹介

旧型のトランクカーゴを解説します。新型と比べてみました。

旧型トランクカーゴ

「旧型のトランクカーゴについて、知りたい!」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

※新型のトランクカーゴについて知りたい方は、他の記事で詳しく解説しています。
こちらからどうぞ。
新型と旧型の違いは、フタの形状です。
旧型は丸みがあり、新型はフラットな形状です。

新型と旧型の比較
らぼちょー

はじめまして。
当サイト「キャンプ収納ラボ」を運営しているらぼちょーと申します。
収納が大好きで、気がついたらキャンプ道具よりも収納が多くなってた系キャンパーです。
σ(*´∀`照)

今所有している収納
むーさん

買いすぎ!!!

▼この記事の登場人物

らぼちょー らぼちょー 収納をたくさん買う人
キャンプ歴=年齢
むーさん むーさん キャンプ歴3年
夫の収納収集癖に呆れ気味
ボックスくん ボックスくん ボックスの妖精(?)
収納について教えてくれる
ボックスくん

トランクカーゴの新型と旧型を比較した結果は、つぎの通りダヨ~。詳しくは後ほど説明するね。

旧型が勝るポイント

値段が安いです。

旧型にしかないカラーがあります。

旧型が劣るポイント

フタがフラットじゃないので、モノをおきにくいです。

サイズの種類が少ないです。

基本情報

はじめに、トランクカーゴの基本情報を2つ押さえておきましょう!

  1. 新型と旧型の2種類が販売されています。
  2. 販売元が違っても、形状は同じです。

新型と旧型の2種類が販売されてます。

トランクカーゴには、新型と旧型の2種類があります。
新型はフタの形状が、改良されています。
旧型のフタは丸みがあるのに対して、新型はフラットになっています。
フラットな形状は、モノをおくのに適していますし、積み重ねたときの安定感も抜群です。

新型と旧型の比較
トランクカーゴ
【2022年最新版】トランクカーゴ丸わかり。新発売の「ロータイプ」から無印「頑丈収納ボックス」まで。<キャンプにおすすめ> 「トランクカーゴについて、詳しく知りたい!」「似たような商品がおおいから、どれを選べばいいかわからない!」 この記事は、そんな方...

販売元が違っても、形状は同じです。

トランクカーゴは、様々な会社から販売されています。
無印良品やゴードンミラー、DOD、トラスコ中山 等々
実は、それら全てのトランクカーゴは、リス株式会社というメーカーでつくられています。

トランクカーゴのOEM生産の説明


つまり、リス株式会社で製造したトランクカーゴを、無印良品が「頑丈収納ボックス」として販売しているということです。(DODやゴードンミラーも同様です。)
そのため、販売元が違っても、製品の形状がまったく同じなんです。

むーさん

似てる!と思ってたら、全部おなじ会社でつくられていたんですね!

商品概要

外観

旧型トランクカーゴの外観
らぼちょー

写真は、トランクカーゴの30Lサイズ(無印良品「頑丈収納ボックス・小」)になります。

旧型トランクカーゴのフタを取り外した状態
旧型トランクカーゴの内側
旧型トランクカーゴの底面

スペック

下の表は、左スライドで全表示できます👆

▼ スペック一覧
品番
TC-20S TC-30S TC-50S TC-70S
容量
22L 30L 50L 70L
価格(税抜)
1,620円 1,800円 2,710円 3,620円
重さ
1.4kg 1.9kg 2.6kg 3.9kg
耐荷重
100kg 100kg 100kg 100kg
 外側サイズ(cm) 
39.2×29.4×37.0(高さ) 40.0×39.0×37.0(高さ) 60.0×39.0×37.0(高さ) 78.0×39.0×37.0(高さ)
 内側サイズ(cm) 
30.9×21.7×28.9(高さ) 30.4×30.6×29.3(高さ) 50.4×30.6×29.3(高さ) 68.0×30.5×29.2(高さ)
生産国
日本 日本 日本 日本
主な材質
ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン

※掲載しているサイズは、個体差等により若干の誤差がある可能性がございます。

新型と旧型の比較

トランクカーゴの新型と旧型を比較します。
比較する点は、つぎの3点です。

  1. サイズの種類
  2. カラーの種類
  3. 値段

ひとつずつ見ていきましょう!

サイズの種類

新型と旧型のサイズバリエーションを比較しました。

下の表は、左スライドで全表示できます👆

▼ 通常タイプ
 容量 
新型
 旧型 
22L TC-20S TC-20
30L TC-30S TC-30
50L TC-50S TC-50
70L TC-70S TC-70
▼ ロータイプ
18L TC-30S LOW なし
30L TC-50S LOW なし
40L TC-70S LOW なし

新型の方が種類が豊富です。
(旧型には、ロータイプがありません。)

トランクカーゴのロータイプ

2022年2月にロータイプの新サイズ(TC-30S LOW・TC-70S LOW)が追加されているので、新型は今後もサイズが増えるかもしれません。

カラーの種類

旧型限定のカラーとしては、「イエロー」「オレンジ」の2色があります。
イエローはゴードンミラーから、オレンジはビームスから発売されています。

※追記 2022/5の時点で、イエローが廃版となりました。
旧型限定のカラーは「オレンジ」のみとなります。

▼ 旧型限定のカラー
 容量 
 カラー 
22L
30L
50L
70L
むーさん

オレンジがほしい方は、旧型を選びましょう!

※オレンジ色は、現時点では旧型にしかありません。今後、新型でもオレンジ色が販売される可能性もありますので、あくまでも記事作成時点での情報となります。

値段

新型と旧型の共通しているサイズの値段を比較しました。

下の表は、左スライドで全表示できます👆

▼ 値段比較
 容量 
新型
 旧型 
22L 1,800円 1,620円
30L 2,260円 1,800円
50L 3,170円 2,710円
70L 4,080円 3,620円
らぼちょー

旧型の方が、10%ほど安いです!
少しでも安く買いたい方は、旧型がオススメです。

結論

トランクカーゴの新型と旧型を比較した結果は、つぎの通りでした。

旧型が勝るポイント

値段が安いです。

旧型にしかないカラーがあります。

旧型が劣るポイント

フタがフラットじゃないので、モノをおきにくいです。

サイズの種類が少ないです。

らぼちょー

旧型を選ぶ基準としては、「少しでも値段を安く抑えたい!」「オレンジ色がどうしてもほしい!」という場合に限られると思います。
この2つに該当しない方は、使い勝手のよくなった新型をオススメします!

トランクカーゴ
【2022年最新版】トランクカーゴ丸わかり。新発売の「ロータイプ」から無印「頑丈収納ボックス」まで。<キャンプにおすすめ> 「トランクカーゴについて、詳しく知りたい!」「似たような商品がおおいから、どれを選べばいいかわからない!」 この記事は、そんな方...

トランクカーゴは販売している会社によって、扱っていないサイズがあったり、カラーが異なります。
表にまとめましたので、参考にしてみてください。

▼ 各社の取扱いカラーと価格
品番
 TC-20   TC-30   TC-50   TC-70 
容量
22L 30L 50L 70L
値段
1,620円 1,800円 2,710円 3,620円
リス
ゴードンミラー
取扱なし
トラスコ中山
無印良品
取扱なし
DOD ※
取扱なし
ビームス
取扱なし

※DODのトランクカーゴは、DOD公式ページからでないと購入できません。

この情報は、記事作成時点での情報です。

上の表の価格は、税抜きです。また価格はサイトや時期により、異なる場合があります。

らぼちょー

下のリンクから、ほしいトランクカーゴをチェックしてみましょう!

▼ 商品名をタップすると、購入リンクに飛べます。
(ページ内を移動します。)
TC-20
TC-30
TC-50
TC-70

▼TC-20


▼TC-30


▼TC-50


▼TC-70

トランクカーゴをより便利に使うための方法も記事にしていますので、購入後にご覧ください。
【簡単】トランクカーゴに使える仕切り5選〈100均編〉
【簡単】トランクカーゴのカスタム5選<俺仕様をつくろう!>

...

収納を決めかねている読者のあなたへ 当サイトは「キャンプでつかえる収納」だけを紹介するサイトです。今回紹介した収納の他にも、たくさんのレビューをご用意しておりますので、あなたにぴったりの収納がみつかるはずです。ぜひ他の記事も見ていただけると、うれしいです!当サイトを詳しく知りたい方は、こちらをクリック!

らぼちょー

最後までご覧いただき、ありがとうございました!収納がほしくなったら「キャンプ収納ラボ」をぜひご活用ください。

今所有している収納