商品紹介

【徹底解説】ツールボックスSTだけの強み2選!!〈キャンプ歴10年超の収納マニア〉

キャンプ場で「あの道具、どこに収納したっけ?」という経験はありませんか?
荷物が多いから大きいボックスを使えばいい、というわけではありません。なぜなら、大きい収納にまとめて入れてしまうと、荷物を探しにくくなるからです。頻繁に使う道具は、それだけをまとめて収納することをオススメします。そんな使い方に適した「ツールボックスST」を紹介します。

この商品をレビューする私は、収納ボックスを15個所有しているマニアです。収納の設計を本業にしているので、収納については多少詳しいです。

  1. この商品にしかないメリット
  2. デメリット
  3. 詳細なスペック

サイズやカラーバリエーション、重さ、強度など、見やすくまとめています。商品を選ぶのに役立ててください。スマートにキャンプをするなら、ツールをまとめて収納できるツールボックスSTがイチオシです。

品番 容量 価格
380S 7L 1,070円
490S 13L 1,600円
560S 20L 1,810円

この商品にしかないメリット

容量が小さい

プラスチックのボックス9種類を比較しましたが、その中で最も小さい容量がラインナップされている商品でした。

順位       商品名       最小
容量
1位
JEJアステージ
ツールボックスST
7L
2位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
13L
3位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
17L
4位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
22L
4位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
22L
4位
トラスト
ソー ラージトート
22L
7位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
25L
8位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
30L
9位
プラノ
フィールドトランク
53L

9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

この商品は、少量の工具を収納するツールボックスです。工具はドライバーやスパナなど、長細い形状が多く、それに合わせてこの商品も長細い形状になっています。キャンプ道具に置き換えると、火ばさみやハンマー、ペグ、斧といったモノの収納に適しています。一緒に使うグローブや着火材などを入れておいても便利です。そういった道具は頻繁に使いますし、汚れるので他の道具とは分けておいた方が便利です。同様の理由で、薪や炭を入れておくのも便利でした。もちろん他の小物の収納にも便利です。

フタが扉のように開くので、何かしながら片手で道具を出し入れできます。頻繁に使う道具を収納するのに適しています。

運びやすさ

プラスチックのボックス9種類を比較したところ、運びやすさが1位でした。

順位       商品名       運び
やすさ
1位
JEJアステージ
ツールボックスST
4.8
2位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
4.4
3位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
3.6
3位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
3.6
3位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
3.6
6位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
2.8
6位
トラスト
ソー ラージトート
2.8
8位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
2.6
9位
プラノ
フィールドトランク
2.2

9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

持ち手が、持ち心地のいい形状に工夫されています。容量は小さいですが、斧やハンマー、ペグなどを収納すると、重たくなります。持ち心地がいいので、重たいモノを入れても手が痛くなりにくいです。

デメリット

重い

プラスチックのボックス9種類を比較しましたが、本体・フタともに一番重たいという結果になりました。

本体の軽さ
順位
フタの軽さ
順位
      商品名      
1位 3位
プラノ
フィールドトランク
2位 1位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
3位 2位
トラスト
ソー ラージトート
4位 5位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
5位 6位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
6位 4位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
7位 7位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
8位 8位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
8位 9位
JEJアステージ
ツールボックスST

※重さを収納容量で割った値(=容量1Lあたりの重さ)で比較
9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

フタが重たいので、中に入っているモノが軽いとフタを開けた勢いでボックスが倒れそうになります。見方を変えるとフタに重みがある分、風に煽られても閉じにくいというメリットもあります。重たい分、持ち手の形状が工夫されており、運びやすさの評価では全9種類中1位でした。使い勝手は、ボックスの重さだけでは決まりませんので、特に心配する必要はありません。

順位       商品名       運び
やすさ
1位
JEJアステージ
ツールボックスST
4.8
2位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
4.4
3位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
3.6
3位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
3.6
3位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
3.6
6位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
2.8
6位
トラスト
ソー ラージトート
2.8
8位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
2.6
9位
プラノ
フィールドトランク
2.2

9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

耐荷重が小さい

プラスチックのボックス9種類を比較しましたが、耐荷重が一番小さいという結果になりました。(※耐荷重が設定されてない商品を除く)

順位       商品名       耐荷重(kg)
1位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
500-627
2位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
100
2位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
100
4位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
80
4位
トラスト
ソー ラージトート
80
6位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
30-80
7位
JEJアステージ
ツールボックスST
5-15
8位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
設定無し
-位
プラノ
フィールドトランク
不明

9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

ボックスに重たいものを載せると、壊れる恐れがあります。ボックスをイスや物置きとして使わなければいいだけですが、クルマに積むときは注意が必要です。荷物を重ねる場合は、重さがかからないように配慮が必要です。耐荷重のスペックを省き、コストダウンしていると推測されるので、必要十分な性能と割り切って考えましょう。

洗いにくい

プラスチックのボックス9種類を比較しましたが、洗いやすさが最下位でした。

順位       商品名       洗い
やすさ
1位
トラスト
ソー ラージトート
4.6
2位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
3.8
2位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
3.8
4位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
3.4
5位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
3.2
6位
プラノ
フィールドトランク
3.1
7位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
2.9
7位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
2.9
9位
JEJアステージ
ツールボックスST
2.8

9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

フタが取り外せず、内側と外側どちらも凹凸の多い形状なので、雑巾で拭くのが面倒に感じました。ボックス自体が小さく、拭く面積も少ないので、他のボックスときれいにする時間に大差はありませんでした。火ばさみなどの汚れる道具を収納するなら、割り切って洗わないという選択肢もありかなと思います。

コンパクトさが最下位

プラスチックのボックス9種類を比較しましたが、コンパクトさが最下位でした。

※コンパクトさ=外側サイズに対する収納容量の割合

順位       商品名      
1位
プラノ
フィールドトランク
2位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
3位
トラスト
ソー ラージトート
4位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
5位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
6位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
7位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
8位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
9位
JEJアステージ
ツールボックスST

9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

つまり、ボックスの大きさの割に収納容量が少ないということです。クルマに積む時や保管時に、スペースを取ります。私が使ってみた感想としては、そもそもボックスのサイズが小さいので、そのような印象は受けませんでした。

詳細なスペック

品番 容量 価格
380S 7L 1,070円
490S 13L 1,600円
560S 20L 1,810円

価格はサイトや時期により、異なる場合があります。

品番 サイズ(外側)
幅×奥行×高さ
(mm)
サイズ(内側)
幅×奥行×高さ
(mm)
重さ
(本体)
(kg)
重さ
(フタ)
(kg)
耐荷重
(kg)
380S 380×220×190 309×149×156 0.8 0.21 5
490S 490×255×238 391×171×194 1.3 0.3 10
560S 560×290×290 441×191×237 1.9 0.55 15

サイズは計測位置により、差が出る場合があります。

片手で持てる?
フタの開き方
生産国 日本
主な材質 ポリプロピレン
ボックス同士の
積み重ね
同じサイズ 〇
違うサイズ ×

まとめ

頻繁に使う道具は、すぐに取り出せる状態にしておくと快適です。道具を出しっぱなしにしておくと片付けが面倒ですし、失くしたり傷つけることもあり得ます。
小さいお子さんがいるご家庭なら、ハンマーや火ばさみ、斧などは危ないので収納しておいた方がいいです。炭も汚れるし、薪のトゲも危険です。そういったモノは、取り出しやすい収納に入れて、使うときだけ取り出すことをオススメします。
「ツールボックスST」の製造元であるJEJアステージは、日本製にこだわって商品を生産しています。安心の国産ボックスでキャンプを快適にしてみませんか?

紹介した収納ボックス一覧

380S

490S

560S