商品紹介

【プロが本音解説】アイリスオーヤマ「おりたたみコンテナ」〈キャンプ歴10年超の収納設計士〉

おりたたみコンテナ

アイリスオーヤマの「おりたたみコンテナ」をレビュー!
どうも、らぼちょーです。キャンプ用の収納を40コほど所有するキャンパーです。新たなアイテムを手に入れたので、レビューします。キャンプで使う収納は値段重視!ムダな機能はいらない。という方におすすめの商品です。

おりたたみコンテナの外観 おりたたみコンテナの内側 おりたたみコンテナの底面 折り畳んだおりたたみコンテナ 荷物を収納したおりたたみコンテナ
▼ 個人的な評価 5つ満点
収納しやすさ 3.43
ふつう
運びやすさ 4.43
便利
洗いやすさ 3.50
やや便利
安さ 4.87
とても安い
頑丈さ 2.17
やや不十分
軽さ 4.60
とても軽い
おりたたみコンテナのレーダーチャート

この商品の評価は、上記のとおりです。こちらについては、後ほど解説します。

  • 個人的な評価をくわしく解説
  • この商品にしかないメリット
  • 知っておきたいデメリット
  • 他のコンテナとの比較

つづいて、スペックです。記事の後半で、より詳しいスペック一覧表をお見せしますので、ここでは読み飛ばしてもらってもOKです。

下の表はスクロールできます<<👆>>※スマホのみ

▼ スペック一覧
品番
OC-OD32 OC-OD52 OC-OD70
容量
32L 52L 70L
価格(税抜)
1,430円 1,800円 1,980円
重さ
1.2kg 1.6kg 2.1kg
耐荷重
10kg 10kg 15kg

ぶっちゃけ、いい商品なの?

まずは使い勝手(冒頭で紹介した評価)について、正直な感想を述べます。下記の通り、★5つ満点で評価しました。

とても便利
4.50~5.00
便利
4.00~4.49
やや便利
3.50~3.99
ふつう
3.00~3.49
やや不便
2.00~2.99
不便
2.00未満

収納しやすさ

 ふつう   ★ 3.43

収納しやすさとしては「ふつう」です。特に使いづらいと感じる箇所はありません。

運びやすさ

 便利   ★ 4.43

持ち手は、すこし大きめにできており、男性でも持ちやすいです。手のあたる部分に丸みがあり、重たいモノを持ち運んでも痛くなりにくいです。また、軽くコンパクトな形状なので、クルマにも積みやすいです。

洗いやすさ

 やや便利   ★ 3.50

底面は補強のリブがしっかり入っていて、すこし拭きづらいです。側面も穴が多くて、若干拭きづらさを感じました。

上記の評価より、荷物の運びやすさが長所の収納である、といえます。メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

この商品にしかないメリット

キャンプで使えるコンテナは、たくさんあります。だから「この商品じゃなくてもいいのでは…?」と思いますよね。数多ある収納の中で、あえてこの商品を選ぶ理由、つまりこの商品にしかないメリットを紹介します。

余分な機能がない。

こういう書き方をすると、デメリットに感じるかもしれませんが、そうではありません。収納としての機能以外を削ぎ落しているので、その分、軽いので運びやすく、ムダのないコンパクトな形状で扱いやすくなっています。収納としての機能しか求めていないなら、この商品がイチオシです。

購入のハードルが低い。

値段を重視するなら、このコンテナがおすすめです。コンテナの中では、特に値段が安くなっています(※1)。サイズバリエーションも豊富で、アウトドアに合うアースカラーも揃っているので、お持ちのキャンプ道具に合わせて、選択しやすくなっています。

※安さについては「他の商品との比較項目」をご覧ください。

荷物を収納したおりたたみコンテナ

デメリットを詳しく解説

せっかく購入するなら、失敗したくないですよね。買ってから「こんなデメリット知らなかった…」は避けたいところ。私が使っていて気づいたデメリットを詳しく解説します。

ロックがきれいに合わない。

折りたたんだ状態から、組み立てた時にロックをしますが、きれいに合いません。もちろん、使用上の問題はありませんが。

下の画像で丸をつけた箇所(底と側面の3方向)でハメ込んで固定します。しかし、同時に3方向ともハマりません。どこかを合わせれば、どこかが合わない。そんな感じで、2方向しかロックできません。ロックは固いので、2方向だけでも使用に問題はありませんでしたが、すっきりしません。

おりたたみコンテナのロック部分

板が若干曲がっていて、ロックする爪の位置とズレていることが原因のようです。私は「安いから仕方ない」と割り切っています。

他と比較して、どうなの?

他の商品と比べると、この商品の「強み」「弱み」が鮮明になります。コンテナ7商品を比較した順位を掲載します。

比較項目
順位
詳細
収納しやすさ 5位 /7種類 3.43
運びやすさ 2位 /7種類 4.43
洗いやすさ 6位 /7種類 3.50
サイズの豊富さ 1位 /7種類 3種類
カラーの豊富さ 3位 /7種類 2種類
安さ ※1 1位 /7種類 4.87
頑丈さ ※2 5位 /7種類 2.17
軽さ ※3 1位 /7種類 4.60

※1 価格を容量で除した値(=容量1Lあたりの値段)で比較
※2 耐荷重を容量で除した値(=容量1Lあたりの耐荷重)で比較
※3 重さを容量で除した値(=容量1Lあたりの重さ)で比較

「安さ」と「軽さ」が1位です。購入のハードルが低く、扱いやすい商品であることが、比較結果からも伺えます。サイズも豊富で、アウトドアに合うカラーリングもそろっていて、キャンプ向きです。一方、耐荷重は若干、低くなっています。洗いやすさも、相対的にみると低い順位となりました。

エストリル スローワー エストリル
ショルダーコンテナ キャプテンスタッグ ショルダーコンテナ
シェルフコンテナ スノーピーク シェルフコンテナ
おりたたみコンテナ アイリスオーヤマ おりたたみコンテナ
スタッキングコンテナ アッソブ スタッキングコンテナ
CSクラシックス木製BOX キャプテンスタッグ CSクラシックス木製BOX
バスク スローワー バスク

スペック一覧

下の表はスクロールできます<<👆>>※スマホのみ

▼ スペック一覧
品番
OC-OD32 OC-OD52 OC-OD70
容量
32L 52L 70L
価格(税抜)
1,430円 1,800円 1,980円
重さ
1.2kg 1.6kg 2.1kg
耐荷重
10kg 10kg 15kg
 外側サイズ(cm) 
47×35×24(高さ) 53×36.5×32.5(高さ) 66×39×32.6(高さ)
 内側サイズ(cm) 
44.5×32×22.5(高さ) 50×33.5×31.5(高さ) 62×35×31.7(高さ)
 収納サイズ(cm) 
47×35×5.5(高さ) 53×36.5×7(高さ) 66×39×6.8(高さ)
生産国
中国 中国 中国
主な材質
ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン
▼ この商品の構造
片手で持てる?
×
折りたためる?
スタッキング(※1)できる?
ネスティング(※2)できる?
×

※1 スタッキングとは、ボックス同士の積み重ねのこと。
※2 ネスティングとは、ボックスが同じサイズのボックスの中に入ること。スーパーのカゴのように、空のカゴ同士が重なった状態。

おわりに。

まとめると「価格に特化し、収納以外の機能を削ぎ落したシンプルなコンテナ。」といった印象です。個人的には「色合い」が気に入っています。キャンプ道具は見た目も大切にしたいので、自然と調和するアースカラーはGood.

この記事を作成した時点では、楽天での購入が最安値でした。下記の楽天リンクは、アイリスオーヤマの公式通販ショップに設定しているため、こちらからの購入が安心です。