商品紹介

スノーピークの高級コンテナが、人気の理由。シェルフコンテナ

シェルフコンテナ

スノーピークの画期的なコンテナ「シェルフコンテナ」をご紹介します。読者さまにひとつ質問です。

Q:コンテナが1個11,000円なら、高いと感じますか?

私は、高いと感じます。そんな高級品のシェルフコンテナは、非常に人気の商品です。そのわけを探っていきましょう。この記事を読み終わったころには、1個1万円超でも欲しくなってしまうことでしょう!

重ねたシェルフコンテナ
らぼちょー

どうも!収納大好き、らぼちょーです。高級なのに、欲しくなってしまう秘密はメリットの項目で解説します!

▼この記事の登場人物

らぼちょー らぼちょー 収納をたくさん買う人
キャンプ歴=年齢
むーさん むーさん キャンプ歴3年
夫の収納収集癖に呆れ気味
コンテナくん コンテナくん コンテナの妖精(?)
収納について教えてくれる
コンテナくん

まずはメリット・デメリットを簡単に紹介するよ!詳しくは後ほど説明するね。

メリット

棚をもっていく必要が、なくなります。

自宅にも、フィットするデザインです。【グッドデザイン賞受賞】

「永久保証」なので、永く愛用できます。

デメリット

複数購入する必要があります。

ガチャガチャと、音がなります。

指を挟まないように、注意が必要です。

商品概要

外観

シェルフコンテナの外観
シェルフコンテナの外観
シェルフコンテナの底面
積みかねたシェルフコンテナ
変形した状態のシェルフコンテナ
変形した状態のシェルフコンテナ
むーさん

変形したら、こんな感じです。

重ねたシェルフコンテナ
むーさん

積み重ねることで、棚として使えます♪

荷物を収納したシェルフコンテナ
積み重ねたシェルフコンテナの下の段の荷物を取り出している状態
らぼちょー

下の段の荷物も簡単に取り出せます♪

シェルフコンテナの持ち運んでいる状態

スペック

モバイルは、左スライドで全表示できます👆

▼ スペック一覧
品番
UG-025G UG-055G
容量
25L 50L
価格(税抜)
11,000円 14,000円
重さ
3.6kg 5.5kg
耐荷重
20kg 20kg
 外側サイズ(cm) 
52×32.5×21(高さ) 62.5×40.5×27(高さ)
 内側サイズ(cm) 
40.5×29×19.5(高さ) 50×37×25.5(高さ)
生産国
日本 日本
主な材質
スチール スチール

※掲載しているサイズは、個体差等により若干の誤差がある可能性がございます。

キャンプ道具の収納例

サイズ感をイメージしやすいように、道具の収納例をご紹介します。なお、収納例は25Lサイズ(品番:UG-025G)のみになります。

1つ目の収納例です。料理道具をいれました。(重さ:5kg)

料理道具を収納したシェルフコンテナ
料理道具を収納したシェルフコンテナ
らぼちょー

料理道具と2人分の食器がきれいに収まりました。

2つ目の収納例です。小物や食料をいれました。(重さ:5.2kg)

小物や食料を収納したシェルフコンテナ
小物や食料を収納したシェルフコンテナ
むーさん

キャンプ場ですぐ取り出したいモノをいれておくと便利です♪

メリット

らぼちょー

高級なのに、欲しくなってしまう理由を説明します。

このコンテナには、つぎのメリットがあります。

  1. 棚をもっていく必要が、なくなります。
  2. 自宅にも、フィットするデザインです。【グッドデザイン賞受賞】
  3. 「永久保証」なので、永く愛用できます。

ひとつずつ解説します。

棚をもっていく必要が、なくなります。

棚は、省スペースかつ収納力があり、荷物を取り出しやすい便利グッズです。必ずもっていきたいアイテムですが、棚はかさばるので荷物が増えます。そこで「シェルフコンテナ」の出番です。このコンテナは運んだ先で棚に変身するので、棚をもっていく必要がなくなります。

棚をもっていく場合と、シェルフコンテナをつかう場合でどう違うか、具体的に比較してみましょう。

まず、シェルフコンテナをつかうと、棚の分の荷物が少なくなります。

棚+コンテナとシェルフコンテナの荷物の量の比較

荷物がすくないと、クルマの荷台もすっきりします。荷物運びの手間が少ないのも、うれしいポイントです。

棚+コンテナとシェルフコンテナの車載時の量の比較

つぎに設営のときですが、シェルフコンテナは運んで変形させるだけで設置完了です!ふつうの棚なら、コンテナから荷物をのせ替えて並べる手間がかかります。

シェルフコンテナのキャンプ場での使用状態
棚への荷物の置き換え

棚とちがってシェルフコンテナはモノが落ちにくいので、こまごましたものも放り込んでおけます。

荷物を収納したシェルフコンテナ

荷物も手間も、へらせます。収納をシェルフコンテナに変えるだけで、この変化。

自宅にも、フィットするデザインです。【グッドデザイン賞受賞】

「でも、年に何回かのキャンプのために、こんな高い収納は買えない…」と思いますよね。だったら、自宅でも使いましょう!

このコンテナは、グッドデザイン賞を受賞(2013年)しているので、自宅においてもお洒落なインテリアになります。

リビングに置かれたシェルフコンテナ
らぼちょー

値段が高い分、キャンプでつかわないときは自宅で使い倒しましょう!

食料品を収納したシェルフコンテナ
むーさん

収納力も抜群♪

「永久保証」なので、永く愛用できます。

「でも、やっぱり高いなぁ…」と思うなら、長い目で考えてみませんか。この先もキャンプは、続けますよね。このシェルフコンテナを長く使いつづければ、安い収納を何度か買いなおすよりも、結果的に安くなる可能性もあります。

この収納は、長く使いつづけることができます。なぜなら、スノーピークの商品は「永久保証」があるからです。つまり、いつまでも修理をしてもらえるので、安心してつかいつづけられます。

スノーピーク製品の修理

出典:スノーピーク After Service

ふつうは保証期間がきまっていて、それを過ぎると修理を断られます。スノーピークは「1つの道具を大切につかいつづけてほしい」という想いから、ほかにはないアフターサービスをおこなっているそうです。

デメリット

らぼちょー

どんな商品にもデメリットはあります。それが受け入れられるかどうかが大切です。デメリットも理解した上で、失敗のない収納選びをしましょう!

このコンテナには、つぎのデメリットがあります。

  1. 複数購入する必要があります。
  2. ガチャガチャと、音がなります。
  3. 指を挟まないように、注意が必要です。

ひとつずつ解説します。

複数購入する必要があります。

シェルフコンテナは複数もっていないと、棚としてつかえません。このコンテナの威力を発揮するには、2つ以上購入する必要があるので金銭面の負担が大きいです。

らぼちょー

小さいサイズ(25L)でも2コ買えば、22,000円(税抜)です。簡単に手の出せる値段ではありませんね…

積みかねたシェルフコンテナ

ガチャガチャと、音がなります。

下の写真のように、持ち手のあそび(ガタ)が大きいので、動かすとガチャガチャと音がなります。持つときは問題ありませんが、クルマの走行中に振動で持ち手が揺れると音がなります。人によっては、その音が気になるかもしれません。

シェルフコンテナの持ち手の可動範囲

指を挟まないように、注意が必要です。

コンテナは2つの形状に変形します。変形させたら、金具でロックします。下の写真の矢印の向きに金具を回すとロックできます。

シェルフコンテナのロック機構

ロック状態は、金具をただ引っかけているだけなので、コンテナをひっくり返すと、金具が外れてロックが解除されます。

シェルフコンテナを裏返すとロックは解除される

底面を拭き掃除するために、コンテナをひっくり返すと、勝手にロックが解除されてしまいます。ロックが解除されると、コンテナが開いたり閉じたり自由にうごくので、指を挟まないように注意が必要です。

シェルフコンテナの底面を掃除している状態
らぼちょー

ちゃんとロックできていないと、思わぬ動きをします。しっかりとロックを確認してから使いましょう!

収納としての評価

つぎは、収納としての使い勝手を評価します。荷物を収納して、キャンプ場まで運び、荷物を保護するのが、収納の役割です。

らぼちょー

メリットとデメリットがわかったところで、つぎは収納としての実力をみてみましょう!

収納力、運搬力、保護力の3項目を評価します。評価は、客観性が重要です。客観性を確保するために、私の主観は可能な限り排除しています。基本的に収納のスペック(数値)を、独自の方法で計算して、評価をつけています。また、当サイトで紹介している収納同士を比較しやすくするために、全ての収納に統一した方法で評価をつけています。

総合評価
★3.68 3.68
収納力
★4.69 4.69
運搬力
★3.08 3.08
保護力
★3.28 3.28

収納力、運搬力、保護力について、評価の内容を解説します。

収納力 ★4.69

収納力とは、つまり「整理のしやすさ」「荷物の取り出しやすさ」です。収納力が高いと、つぎのようなメリットがあります。

  1. ほしい荷物をすぐに見つけるので、一つひとつの作業が時短できて、ゆったり過ごす時間を多くとれる。
  2. 収納の中で荷物が散らかりにくいので、ストレスが減る。
  3. 荷物が収納しやすいので、荷造りや片付けを時短できる。
収納のしやすさ

この商品の「収納力」は、◎(とても便利)です。コンテナから棚に変身することで、荷物がすぐに取り出せます。取り出した道具を収納に戻すのも楽なので、サイト内がすっきりして散らかりにくくなります。撤収するときも棚からコンテナに変形させれば、すぐにクルマへ運べるので手間がすくなく、ストレスフリーな使い勝手です。キャンプで大活躍すること間違いなしのコンテナです。

シェルフコンテナから荷物を取り出す状態

運搬力 ★3.08

運搬力とは、つまり「持ち運びのしやすさ」「クルマへの積みやすさ」です。運搬力が高いと、つぎのようなメリットがあります。

  1. 荷物を運ぶ労力が減り、疲れにくくなるので、キャンプを思いっきり楽しめる。
  2. クルマへの荷積みで悩まなくなるので、出発時間や撤収時間に焦ることがなくなる。
  3. 荷崩れしにくくなり、安心してキャンプへいける。
運搬のしやすさ

この商品の「運搬力」は、○(ふつう)です。金属製の堅牢なつくりなので、プラスチックのコンテナと比較すると重たいです。そのために持ち運びは△です。ただし、クルマへの積み込みの面では、コンテナを3段まで重ねることができ、ズレにくいので荷崩れを防げます。クルマへの積み込みやすさは〇です。

持ち運ばれたシェルフコンテナ

保護力 ★3.28

保護力とは、つまり「水、汚れへの強さ」「衝撃への強さです。保護力が高いと、つぎのようなメリットがあります。

  1. 大切な道具を、安心して持っていくことができる。
  2. 突然の雨など、天候が変化しても荷物を守れるので、焦る必要がない。
  3. 道具が汚れにくくなるので、片付けも簡単に済ませられる。
保護性能の高さ

この商品の「保護力」は、○(ふつう)です。底面や側面に穴が開いていないので、地面に直接置いても大丈夫です。金属製なので、水や汚れがついてもすぐに拭きとれるので、保護性能は〇です。持ち手の素材のみ、竹を使用しているので濡れたら乾かす必要があります。

地面に置かれたシェルフコンテナ

他のコンテナとの比較

コンテナくん

つぎは、他のコンテナと比較してみよう!比較することで、この商品の「長所」「短所」がしっかり理解できるよ!

比較したコンテナ一覧

エストリル スローワー エストリル
ショルダーコンテナ キャプテンスタッグ ショルダーコンテナ
シェルフコンテナ スノーピーク シェルフコンテナ
おりたたみコンテナ アイリスオーヤマ おりたたみコンテナ
スタッキングコンテナ アッソブ スタッキングコンテナ
CSクラシックス木製BOX キャプテンスタッグ CSクラシックス木製BOX
バスク スローワー バスク

比較結果

比較項目
順位
詳細
収納力 1位 /7種類 4.69
運搬力 6位 /7種類 3.08
保護力 3位 /7種類 3.28
安さ 6位 /7種類 ※1
頑丈さ 2位 /7種類 ※2
軽さ 6位 /7種類 ※3

収納力が1位です。キャンプ場では棚として、荷物の出し入れを快適にしてくれることが、お分かりいただけると思います。金属の堅牢なつくりのため「頑丈さ」は十分ですが、「運搬力」や「軽さ」には劣っています。

むーさん

金属製なので、比較対象のプラスチック製の収納には、軽さや安さの面では負けてしまうのは、当然といえば当然かもしれません。

※1 価格を容量で除した値(=容量1Lあたりの値段)で比較
※2 耐荷重を容量で除した値(=容量1Lあたりの耐荷重)で比較
※3 重さを容量で除した値(=容量1Lあたりの重さ)で比較

気になる点のQ&A

らぼちょー

購入するにあたって、気になる点をQ&A形式でご紹介します。楽天やAmazonの口コミに対する、実際に使ってみた感想もご紹介します。

「重たさのわりに、耐荷重が低い。」という口コミに関して、実際につかってみてどう思いますか?

つかってみた感じでは、25Lサイズはよほど重たいモノを入れない限り、耐荷重をオーバーすることはないので、10kgでも問題ないと思います。50Lサイズも同様です。くわえて、荷物を20kgも入れると持ち運びが困難になりますので、こちらも20kgで妥当だと思います。たしかに金属製なので、もっと耐荷重があってもいいと感じる気持ちはわかりますが、必要十分なスペックかと思います。

らぼちょー

収納するものが決まっている場合は、念のために重量を測っておきましょう!

天板はオプションパーツとして販売されていますか?

残念ながら、スノーピークから正規品としては販売されていません(記事作成時点)。ですので、天板がほしい方は自作するか、ネットで検索すれば正規品ではない天板がみつけられます。

スノーピークの永年保証は、無料ですか?

製造上の欠陥の場合は、無料にて返品や交換をしてもらえます。それ以外の場合は、修理代がかかりますのでご注意ください。(※製品の破損の具合によっては、直せない場合もあります。)

余談ですが、修理にもスノーピーク流の気遣いがあります。それは「修理の納期」へのこだわりです。他のメーカーなら、修理に数週間かかるのはあたりまえですが、スノーピークは1週間以内に修理を終えることを目指してるそうです。それは、つぎのキャンプに間に合うようにという配慮だそうです。

らぼちょー

ユーザー目線の心遣いがうれしいですね。安心して修理をお願いできます♪

女性目線での評価は?

まず、見た目がかっこいい!変形して棚になるので、運搬後は荷物をすっきり収納できるのがいいですね。

むーさん

コンテナ自体が3.6kgあるので、少し重たいですが頑丈なので、ガシガシつかいたいです♪

結論

コンテナと棚の2役をこなす「シェルフコンテナ」をご紹介しました。便利で、お洒落で、永く愛用できるという魅力が、値段が高くても人気な理由です。

メリット

棚をもっていく必要が、なくなります。

自宅にも、フィットするデザインです。【グッドデザイン賞受賞】

「永久保証」なので、永く愛用できます。

デメリット

複数購入する必要があります。

ガチャガチャと、音がなります。

指を挟まないように、注意が必要です。

余談ながら、コンテナは金属製でマグネットが取り付けられます。フックをつけるとさらに便利につかえます。

マグネットフックがつけられたシェルフコンテナ

キャンプでつかえる棚がほしいとき、シェルフコンテナを2コ買う場合と、コンテナ2コと棚を買う場合、どちらがお得か考えてみましょう。

シェルフコンテナ(25L)の場合
11,000円×2コ=22,000円(税抜)
コンテナと棚の場合(商品によりますが)
コンテナ5000円×2コ+棚6000円=16,000円(税抜)

シェルフコンテナの方が、6,000円高くなります。この差額6,000円をどう感じるかです。シェルフコンテナのメリットを考慮すると、私は十分購入に値すると思います。毎回のキャンプで荷物が減らせて、設営や撤収時の手間を省いてくれる利便性、壊れても修理しながら永く使いつづけられるスノーピークのアフターサポート。長い目でみると、元は十分に取れると思います。

キャンプ場に置かれたシェルフコンテナ

お得に買うには?

らぼちょー

この記事を作成した時点では、Amazonでの購入が最安値でした。値段は時期によって変わる可能性がありますので、下のリンクからチェックしてみてください。

...

収納を決めかねている読者のあなたへ 当サイトは「キャンプでつかえる収納」だけを紹介するサイトです。今回紹介した収納の他にも、たくさんのレビューをご用意しておりますので、あなたにぴったりの収納がみつかるはずです。ぜひ他の記事も見ていただけると、うれしいです!当サイトを詳しく知りたい方は、こちらをクリック!

らぼちょー

最後までご覧いただき、ありがとうございました!収納がほしくなったら「キャンプ収納ラボ」をぜひご活用ください。

今所有している収納