商品紹介

あとちょっと持てたら、、を叶えるショルダーコンテナ

ショルダーコンテナ

読者さまへ ひとつお願いがあるのですが、あなたの過去のキャンプを思い返していただけませんか?あとちょっと持てたら、1回で荷物運びがおわるのに…、そんな経験はありませんか。

この記事では、荷物運びを楽にしたいキャンパーさんにおすすめの「ショルダーコンテナ」をご紹介します。肩掛けベルトをつかうことで、両手をつかわずに荷物を運べる優れものです。

肩に掛けたショルダーコンテナ
らぼちょー

どうも!収納大好き、らぼちょーです。荷物運びの往復(玄関⇔クルマ⇔サイト)が減るので時短効果 大 のコンテナです!詳しくは、メリットの項目で解説します。

▼この記事の登場人物

らぼちょー らぼちょー 収納をたくさん買う人
キャンプ歴=年齢
むーさん むーさん キャンプ歴3年
夫の収納収集癖に呆れ気味
コンテナくん コンテナくん コンテナの妖精(?)
収納について教えてくれる
コンテナくん

まずはメリット・デメリットを簡単に紹介するよ!詳しくは後ほど説明するね。

メリット

荷物運びの回数が、減ります。

両手が空くことで、カギのあけしめもラクラクです。

住環境に左右されずに、使えます。

デメリット

耐荷重が小さいです。

肩掛けベルトは便利ですが、改善の余地ありです。

表面はきれいですが、傷が目立ちます。

商品概要

外観

ショルダーコンテナの外観
ショルダーコンテナの内側
ショルダーコンテナの底面
折りたたんだショルダーコンテナ

折りたたむと、厚みが5cmになります。

むーさん

コンパクトになるから、自宅でも保管しやすいです!

肩に掛けたショルダーコンテナ
むーさん

肩掛けベルトをつかうと、両手を使わずに荷物を運べます♪

両手で持ったショルダーコンテナ
らぼちょー

両手で持つこともできます。

ショルダーコンテナのベルトを通す部分

持ち手の上に、ベルトを通す穴があります。ベルトは、外すこともできます。

ショルダーコンテナのベルトを通す部分

スペック

品番
UL-1042
容量
36L
価格(税抜)
3,500円
重さ
1.3kg
耐荷重
7kg
 外側サイズ(cm) 
49×35×25(高さ)
 内側サイズ(cm) 
45.5×31.5×24.5(高さ)
 収納サイズ(cm) 
49×35×5(高さ)
生産国
日本
主な材質
ポリプロピレン

※掲載しているサイズは、個体差等により若干の誤差がある可能性がございます。

キャンプ道具の収納例

サイズ感をイメージしやすいように、道具の収納例をご紹介します。このコンテナは、耐荷重(収納できる重さ)が7kgです。おもたい道具を詰め込むと、7kgを超えてしまう場合もありますので、注意しましょう!

1つ目の収納例です。寝具類をいれました。(重さ:3.5kg)

寝具を収納したショルダーコンテナ
寝具を収納したショルダーコンテナ
らぼちょー

荷物を運びおえたら折りたたんでコンパクトにしておきましょう。その方が、テントを広々とつかえます!

テントで折りたたんだ状態のショルダーコンテナ

2つ目の収納例です。手持ちバッグや水筒などの小物をいれました。(重さ:5.5kg)

小物を収納したショルダーコンテナ
小物を収納したショルダーコンテナ
ショルダーコンテナの荷物を取り出す
むーさん

小物をまとめておけば「かばん、どこにおいたっけ?」とならなくなります♪

折りたたんでクルマに収納されたショルダーコンテナ
らぼちょー

折りたたんでおけば、クルマに積むのも楽です。

メリット

らぼちょー

荷物運びが、楽になる理由を説明します。

このコンテナには、つぎのメリットがあります。

  1. 荷物運びの回数が、減ります。
  2. 両手が空くことで、カギのあけしめもラクラクです。
  3. 住環境に左右されずに、使えます。

ひとつずつ解説します。

荷物運びの回数が、減ります。

ショルダーコンテナを肩に掛けて、両手に荷物をもつことで、一度に多くの荷物を運べます。その結果、荷物運びで往復する回数を減らせます。車両の乗り入れができないキャンプ場では、荷物運びでけっこう疲れるので、あると重宝するアイテムです。

ショルダーコンテナを使って荷物をたくさん運ぶ人
ショルダーコンテナを使って荷物をたくさん運ぶ人

両手に持ちきれないカバンや小物類も、ショルダーコンテナがあれば一気に運べます。

小物を収納したショルダーコンテナ

両手が空くことで、カギのあけしめもラクラクです。

荷物で両手が塞がると、一気に荷物運びが煩わしくなります。例えば、出発前にクルマに荷物を積むとしましょう。マンションの場合、自宅のドアを開けて、エントランスの扉を開けて、クルマのカギを開けて、ドアを開けて荷物を積み込みます。ドアやカギは両手が塞がっていたら、開けられません。そのたびに荷物を降ろして開ける必要があります。

コンテナを地面に置いてクルマのカギを開ける人

帰宅してからも、クルマから荷物を降ろして、マンションのオートロックを解除して、家のカギを開けて…。片付けの時は疲れていることも多いので、余計に億劫になります。

そこで、ショルダーコンテナの出番です。このコンテナなら両手が空いているので、荷物を持ったままカギやドアを開けられます。

ショルダーコンテナを持ちながらクルマのカギを開ける人
らぼちょー

マンションの場合は、特に荷物運びの手間が多いので、ショルダーコンテナをつかう効果が大きいです!

住環境に左右されずに、使えます。

通常のコンテナを一度に運ぼうとすると、キャリーワゴンが便利です。しかし、ワゴンは段差によわいので、エレベーターのないマンションやアパートでは使えません。

段差を通過するキャリーワゴン

私の自宅もちょっとした段差があるので、スムーズに運べません。またエントランスのドアも狭く、ワゴンが使いにくいです。

狭い扉を通り抜けるキャリーワゴン

ショルダーコンテナなら肩にかけて運べるので、住環境(階段や段差)に左右されずに運ぶことができます。

デメリット

らぼちょー

どんな商品にもデメリットはあります。それが受け入れられるかどうかが大切です。デメリットも理解した上で、失敗のない収納選びをしましょう!

このコンテナには、つぎのデメリットがあります。

  1. 耐荷重が小さいです。
  2. 肩掛けベルトは便利ですが、改善の余地ありです。
  3. 表面はきれいですが、傷が目立ちます。

ひとつずつ解説します。

耐荷重が小さいです。

耐荷重(収納できる重さ)は、7kgまでです。重たい道具を詰め込むと、耐荷重をオーバーする可能性があります。正直、注意してつかう必要があるなと感じました。

らぼちょー

収納したいモノが決まっている場合は、先に重さを確かめておきましょう!

ただし、このコンテナは「肩に掛けて運ぶコンテナ」です。おもたすぎると肩への負担が大きく、運びづらいので7kgが、妥当な値なのかもしれません。

肩掛けベルトは便利ですが、改善の余地ありです。

ベルトは、幅が3cmと細く、ショルダーパットもありません。そのため、6kgほど荷物をいれて持つと、肩にくい込んで若干痛いです(耐えられないほどではありません)。ベルトに痛くならない工夫があれば、いいなと感じました。

肩に食い込むベルト

表面はきれいですが、傷が目立ちます。

コンテナの表面は、つるつるとした光沢があり上品さがあります。それを気に入っていたのですが、使っていると傷が目立つようになりました。黒色なので、余計に白い線状の傷が目立ってしまいます。

ショルダーコンテナについた傷
らぼちょー

道具なので、使っていると傷がつくのは当然なのですが。。もともとがきれいな分、ちょっと惜しい気持ちになります。

収納としての評価

つぎは、収納としての使い勝手を評価します。荷物を収納して、キャンプ場まで運び、荷物を保護するのが、収納の役割です。

らぼちょー

運搬力は、文句なしのコンテナです。収納力や保護力も、みてみましょう。

収納力、運搬力、保護力の3項目を評価します。評価は、客観性が重要です。客観性を確保するために、私の主観は可能な限り排除しています。基本的に収納のスペック(数値)を、独自の方法で計算して、評価をつけています。また、当サイトで紹介している収納同士を比較しやすくするために、全ての収納に統一した方法で評価をつけています。

総合評価
★3.75 3.75
収納力
★3.42 3.42
運搬力
★4.72 4.72
保護力
★3.09 3.09

収納力、運搬力、保護力について、評価の内容を解説します。

収納力 ★3.42

収納力とは、つまり「整理のしやすさ」「荷物の取り出しやすさ」です。収納力が高いと、つぎのようなメリットがあります。

  1. ほしい荷物をすぐに見つけるので、一つひとつの作業が時短できて、ゆったり過ごす時間を多くとれる。
  2. 収納の中で荷物が散らかりにくいので、ストレスが減る。
  3. 荷物が収納しやすいので、荷造りや片付けを時短できる。
収納のしやすさ

この商品の「収納力」は、○(ふつう)です。フタがない分、荷物を取り出しやすいことです。ただし仕切りがないので、ちいさい荷物を収納するときは、荷物が行方不明にならないような工夫が必要です。

地面に置かれたショルダーコンテナ

運搬力 ★4.72

運搬力とは、つまり「持ち運びのしやすさ」「クルマへの積みやすさ」です。運搬力が高いと、つぎのようなメリットがあります。

  1. 荷物を運ぶ労力が減り、疲れにくくなるので、キャンプを思いっきり楽しめる。
  2. クルマへの荷積みで悩まなくなるので、出発時間や撤収時間に焦ることがなくなる。
  3. 荷崩れしにくくなり、安心してキャンプへいける。
運搬のしやすさ

この商品の「運搬力」は、◎(便利)です。運びやすさに特化したコンテナです。肩掛けベルトを使えば両手が空くので、荷物運びがとても快適です。両手にも荷物を持てば、一度にたくさん運べて、荷物運びの時間が節約できます。折りたためるので、コンパクトにしてクルマに積めるところも有用です。

荷物をまとめて運ぶ人

保護力 ★3.09

保護力とは、つまり「水、汚れへの強さ」「衝撃への強さです。保護力が高いと、つぎのようなメリットがあります。

  1. 大切な道具を、安心して持っていくことができる。
  2. 突然の雨など、天候が変化しても荷物を守れるので、焦る必要がない。
  3. 道具が汚れにくくなるので、片付けも簡単に済ませられる。
保護性能の高さ

この商品の「保護力」は、○(ふつう)です。側面に穴が開いているので、汚れが入る場合もあります。底面には穴が開いていないので、地面に直接置いても問題ありません。プラスチックなので、水が染み込んだりすることもありません。

ショルダーコンテナの外観

他のコンテナとの比較

コンテナくん

つぎは、他のコンテナと比較してみよう!比較することで、この商品の「長所」「短所」がしっかり理解できるよ!

比較したコンテナ一覧

エストリル スローワー エストリル
ショルダーコンテナ キャプテンスタッグ ショルダーコンテナ
シェルフコンテナ スノーピーク シェルフコンテナ
おりたたみコンテナ アイリスオーヤマ おりたたみコンテナ
スタッキングコンテナ アッソブ スタッキングコンテナ
CSクラシックス木製BOX キャプテンスタッグ CSクラシックス木製BOX
バスク スローワー バスク

比較結果

比較項目
順位
詳細
収納力 5位 /7種類 3.42
運搬力 1位 /7種類 4.72
保護力 4位 /7種類 3.09
安さ 3位 /7種類 ※1
頑丈さ 7位 /7種類 ※2
軽さ 3位 /7種類 ※3

運搬力が1位です。荷物運びで活躍してくれることが、お分かりいただけると思います。一方、「頑丈さ」は最下位でした。これはデメリットでもご説明した通り、耐荷重の低さが原因です。

むーさん

頑丈さは劣りますので、荷物を収納するときは重さに注意してくださいね。

※1 価格を容量で除した値(=容量1Lあたりの値段)で比較
※2 耐荷重を容量で除した値(=容量1Lあたりの耐荷重)で比較
※3 重さを容量で除した値(=容量1Lあたりの重さ)で比較

気になる点のQ&A

らぼちょー

購入するにあたって、気になる点をQ&A形式でご紹介します。

ベルトの長さは、調整できますか?

ベルトの長さは、120cm-216cmの間で調整が可能です。持ちやすい長さに合わせることができます。

ショルダーコンテナの肩掛けベルト

左側が一番長い状態(216cm)で、右側が一番短い状態(120cm)です。ちなみにモデルの身長は170cmです。

コールマンのベルトコンテナとの違いは?

コールマンから「ベルトコンテナ」という肩掛けベルトが付いたコンテナが発売されています。

仕様を比較した上で、私はショルダーコンテナを選びました。下に2つのコンテナのスペックを並べておきます。比較につかってください。

モバイルは、左スライドで全表示できます👆

商品名
ショルダーコンテナ ベルトコンテナ
販売元
キャプテンスタッグ コールマン
容量
36L 27.3L
価格(税抜)
3,500円 5,430円
重さ
1.3kg 1.4kg
耐荷重
7kg 不明※1
 外側サイズ(cm) 
49×35×25(高さ) 45.5×30.5×24(高さ)
 収納サイズ(cm) 
49×35×5(高さ) 45.5×30.5×5(高さ)
生産国
日本 台湾
主な材質
ポリプロピレン ポリプロピレン

※1 コールマンに問い合わせをして確認しましたが、耐荷重については回答をもらえませんでした。

らぼちょー

ショルダーコンテナの方が値段が安く、サイズも大きいというのが決め手になりました!

女性目線での評価は?

むーさんにつかってもらい、感想をもらいました。

むーさん

こまごました小物を一気に運べて、便利でした♪使わないときは、折りたためるのでスペースを取らないところも気に入っています!

むーさん

私(148cm)のような低身長さんでも、ベルトの長さを調整できるので使いやすいです!

ショルダーコンテナを肩に掛けた女性

結論

億劫な荷物運びを楽にしてくれる「ショルダーコンテナ」をご紹介しました。

メリット

荷物運びの回数が、減ります。

両手が空くことで、カギのあけしめもラクラクです。

住環境に左右されずに、使えます。

デメリット

耐荷重が小さいです。

肩掛けベルトは便利ですが、改善の余地ありです。

表面はきれいですが、傷が目立ちます。

私は荷物運びで、大変な目にあっています。7月後半の連休で、フリーサイトのキャンプ場にいったことがあります。お昼過ぎにチェックインをすませて、荷物運びを始めました。炎天下の中、荷物運びを何往復もしているうちに汗が止まらなくなり、頭痛もしてきて、熱中症になりかけました。広いキャンプ場でクルマからサイトまでの距離が、遠かったことも原因かもしれません。また、荷物運びを楽にする道具も、持っていませんでした。そのために何度も往復しなければならず、とてもつらい思いをしました。

らぼちょー

その経験から、荷物運びを楽にしてくれるアイテムには、お金を惜しまないようにしています。キャンプを楽しむためには、体調が一番大切ですからね。

夏のキャンプ場

このコンテナの発売元は、キャプテンスタッグです。言わずと知れたアウトドアブランドですね。キャプテンスタッグは、快適で楽しいアウトドアライフのために「使いやすさ」と「購入しやすさ」を第一に考えているそうです。その通り、使いやすさを実現した収納だとおもいます。購入しやすさについても、Amazonなら定価3500円のところ、2000円台で購入できます(記事作成時)。時期によって値段が変わるので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

...

収納を決めかねている読者のあなたへ 当サイトは「キャンプでつかえる収納」だけを紹介するサイトです。今回紹介した収納の他にも、たくさんのレビューをご用意しておりますので、あなたにぴったりの収納がみつかるはずです。ぜひ他の記事も見ていただけると、うれしいです!当サイトを詳しく知りたい方は、こちらをクリック!

らぼちょー

最後までご覧いただき、ありがとうございました!収納がほしくなったら「キャンプ収納ラボ」をぜひご活用ください。

今所有している収納