商品紹介

【無印良品】縦にも横にも連結できるポリプロピレン平台車<キャンパー向け>

家の中でのキャンプ道具の移動を楽にしませんか?

キャンプ道具は、大きいモノや重たいモノが多いので、運ぶのに苦労します。モノによっては、幅を取るので扉を通り抜けにくかったりします。

キャンプの時は、出発前と後片付けで必ずキャンプ道具の移動が必要になります。台車があれば、スイスイ荷物を運べて出発の準備や片付けがスムーズになります。夫に任せていた荷物の移動も、台車があれば力が要らずで、奥さんでも移動が楽々になります。(普段の掃除でも活躍します!)

荷物を運ぶ人

このような内容を、キャンプ歴10年以上の僕が解説します。
僕は荷物の多いキャンパーなので、出発する前から荷物の移動で疲れていました(笑)なので、この台車と出会って本当によかった。

スペック

平台車スペック

キャスター

車輪のサイズが少し大きいので、ちょっとした段差を越えるのは容易です。キャスターの動きや回転もスムーズです。

キャスター

耐荷重 80kg

500mlのペットボトルが、約160本分の重量です。ちょっと想像しにくいですが(笑)相当な量です。この量を、いっぺんに乗せれるだけの頑丈さです。台車のサイズも小さいので、十分な強度があることがわかります。

縦にも横にも、つなげられる

最大、縦に3個・横に3個つなげられます。なので、大きいサイズのモノでも運べます。ちなみに、ポリプロピレン頑丈収納ボックス・特大(と同サイズのトランクカーゴ70L)は1個で乗せられました。ちょっと心もとない気がするので、もう1個追加しようかと画策中。

ボックスを載せた平台車
もう1個追加すれば、もっと安定感がでそうです。

メリット

キャンプの出発前と後片付けで活躍!

キャンプに行くときに避けては通れない「荷物の移動」が楽になります。自宅の収納から玄関まで、キャンプ道具がスイスイ移動させられます。

この台車に乗せたまま収納すると、狭い場所や力が入りにくい場所でも、簡単に出し入れできます。低くて狭い場所に、重たいモノを入れていると出しにくいですよね。引きずると床が傷つくし。。そんな場所でも台車に載せておけば出し入れが簡単になります。

ボックスを載せて収納された平台車
台車に載せておけば、出し入れ簡単です!

キャンプから帰ってきて荷物を片付ける時、玄関に荷物を置いていくと、玄関が荷物であふれてしまいます。重たい荷物は、夫の仕事になりがちですが、台車があれば奥さんも移動が簡単なので、手伝いやすいです。車から玄関までは夫、玄関から部屋までは奥さんと分担すればスムーズに片付けが進みます。

荷物で溢れた玄関
我が家でよく見る風景。

普段も便利

僕は、家の収納に入りきらないキャンプ道具を、ボックスに入れて部屋に置きっぱなしにしています。こうすることで、自宅の収納力をアップさせています。(詳しくは下の記事で解説しています)

【マンションの方向け】自宅でのキャンプ道具の収納術3選 ネットでキャンプ道具を探すが楽しくて、ついついポチってしまいますよね。荷物が届いてから、自宅の収納が足りないことに気づいたりして。 ...

ただし、こうすると部屋の掃除機をかけるときに、ボックスが邪魔になります。キャンプ道具がパンパンに詰まっているので重たいですし。その時にも、台車が活躍します。部屋に出しっぱなしのキャンプ道具を平台車に載せておけば、掃除のときの簡単に動かせます。片手でも動かせるので、掃除機を止める必要もありません。

平台車に載せられたボックス

デメリット

小さいキャンプ道具は、入れ物が必要

こまごましたキャンプ道具を、そのまま乗せると少ししか運べず、あまり意味がありません。なにかしらの入れ物が、必要です。下図のようなボックスを使うと、荷物をたくさん収納できて、重ねられるので一度に多くの荷物を運べます。ボックスと併せて使うことをオススメします。(オススメのボックスの記事を貼っておきます)

【レビュー】トランクカーゴをキャンプで使うメリット・デメリット この記事では「トランクカーゴはキャンプで使ったら便利なのか?」をご紹介します。 キャンプギア収納に適している理由や実際に使って感...

キャスターをロックできない

キャスターを固定できないので、不意に動く恐れがあります。小さいお子さんがいるご家庭では、荷物を触って転倒させたりする可能性もありますので、注意が必要です。

色は一色のみ

色の選択肢は、白一択です。いわゆる無印カラーです。白なので、どんな部屋にも合わせやすいと思いますが、好みで色を選択することはできません。

まとめ

キャンパーにとっては、家の中での荷物の移動が楽になるのは、とてもありがたいですよね。毎回避けては通れない「荷物の移動」は楽にする価値ありです!出発前から荷物の移動で疲れている場合ではないですからね(笑)お父さん一人の仕事になっている荷物運びも、平台車があれば家族みんなで手伝えますし、とてもオススメです!
出発前の荷物運びや、後片付けの時間が短くなるので、1個持っておくことをオススメします!

特にこんな方に勧めたい!!

ファミリーキャンパーの方 荷物が多くなりがちですので。
広い家にお住まいの方 部屋の収納から玄関まで遠いのでは?
腰痛持ちの同志! (腰痛持ちには、荷物の持ち運びはつらいのです。。。)

この記事を読んでいただいた方に、オススメの関連記事

そもそもですが、キャンプの荷物を減らせば、出発前の荷物運びと後片付けの負担が減ります。それだけではなくて、荷物を減らせば、荷造り・荷物運び・積み込み・設営・撤収・片付けが楽になります。つまり、キャンプを快適に過ごしたいなら、荷物の量の最適化は重要です。

キャンプの荷物を減らす方法【3選】 こんな経験はありませんか?クルマに荷物を積むのに時間がかかり、予定していた出発時間に遅れてしまう。キャンプ場で「あの荷物どこ入れたっけ...

自宅にキャンプ道具を「使いやすく」収納する方法を記事にしました。ただ収納するだけじゃ、不十分なのです。せっかくなので、使いやすい収納を意識しましょう。そのために必要な自宅収納のコツを記事の後半でお伝えしています。

【マンションの方向け】自宅でのキャンプ道具の収納術3選 ネットでキャンプ道具を探すが楽しくて、ついついポチってしまいますよね。荷物が届いてから、自宅の収納が足りないことに気づいたりして。 ...

デメリットのところでも説明しましたが、平台車にキャンプ道具を乗せるときは、ボックスを使った方が多くの荷物を一度に運べます。下図のようなボックスを使うと、移動させやすいのでボックスもオススメです。

【レビュー】トランクカーゴをキャンプで使うメリット・デメリット この記事では「トランクカーゴはキャンプで使ったら便利なのか?」をご紹介します。 キャンプギア収納に適している理由や実際に使って感...