キャンプの荷造り方法<僕の答え>

収納術

キャンプは好きだけど荷造りがめんどうだな~と感じていませんか?僕もキャンプの荷造りには毎回苦労していました。どこに何をいれたらいいかよくわからないし、時間もかかるし。
何回も試行錯誤して自分なりの正解をみつけましたので紹介します。この記事をマネして荷造り上手を目指しましょう!うまく荷造りができるようになれば荷物運びが楽になり、車にもきれいに積み込めて、キャンプ場でも荷物が使いやすくなります。

✔この記事を読むとこんな事がわかります
◇キャンプの荷造り方法
◇格段に荷造りが早くなる方法
◇初心者でも簡単に始められるイチオシの収納グッズ

キャンプ歴10年以上、収納の設計を本業にしている僕が解説します。【収納でキャンプを快適にしよう】というコンセプトでこのブログを運営しています。

初心者の方でもマネできる内容になっていますので、ぜひご覧ください。

キャンプの荷造り方法

ポイントは「何に荷物をいれるか」と「荷物をどういれるか」です。

何に荷物をいれるか

みなさんキャンプ道具の収納には何をつかっていますか?リュック?トートバッグ?
実は、他のキャンプ道具と同じで収納にもキャンプに適したものがあります。収納もキャンプ道具のひとつと考えましょう。テントやイスなどと同じで買いそろえた方がキャンプが快適になります。リュックやトートバッグよりも適した収納があります。
キャンプに使える収納特集【現在、準備中です。少々お待ちください。】
オススメは「フタ付きのボックス」です。理由はつぎの通りです。

✔キャンプ道具をたくさん入れられる
収納力が大きいのでキャンプ道具をたくさん収納できます。持ち運びも◎

✔アウトドアに向いている
汚れに強いです。フタがあれば雨や砂、虫が入ることも防げます。

✔クルマに積みやすい
積み重ねができるのでクルマに積みやすいです。車内のスペースを有効に使えます。

キャンプ場に置かれたボックス
こんな感じのボックスです。
クルマにつんだボックス
クルマにも積みやすいです。

荷物をどういれるか

荷造りの目的はキャンプ場に荷物をもっていくことだけではありません。キャンプ場で道具を使うことが目的です。ですのでキャンプ場での荷物の使いやすさを心がけて収納しましょう。ポイントはつぎの通りです。

✔荷物は種類ごとにわけて収納する
たとえば一つのいれものに服と食器を一緒にいれるのは違和感がありますよね。なので服は服、食器は食器という感じで分けましょう。

✔荷物の使う場所も考えて収納すると、よりいい
収納するキャンプ道具はキャンプ場のどこで使うか考えましょう。もし種類が違っても同じ場所でつかうものはまとめて収納するといいです。たとえばテントの中にもっていく荷物に服とバッテリーを一緒に入れる。服とバッテリーは種類がぜんぜん違いますがテントの中だけでしか使わないなら一つにまとめてテントの中においておけば荷物を探す手間がなくなります。

✔荷物はきれいに整理して収納する
小物入れや仕切りを使ってきれいに収納しましょう。収納が整理されていると荷物を探しやすいですし、そのほうが片付けもしやすくなります。
キャンプに使える小物入れ特集【現在、準備中です。少々お待ちください。】

✔スペースにはちょっと余裕は持たせる
荷物を収納するときに入るだけ入れてしまいがちですが、ちょっとスペースに余裕を持たせましょう。なぜかというとその方が片付けがしやすくなるからです。荷造りではきれいに収納できても、帰りはきれいに荷物が入らないなんてこともあるからです。なぜかキャンプの行きよりも帰りの方が荷物が増えてるんですよね。(僕だけかな…?

荷物がきれいに収納されたボックス
調理や焚火台の近くで使う荷物をまとめて収納しました。
スペースに余裕があるボックス
このくらいのスペースの余裕があると荷物も取り出しやすいです。

格段に荷造りが早くなる方法

ここまでで基本的な荷造りについてはOKです。つづいてはもっと飛躍的に時短する方法をみていきましょう。

そもそも荷造りをしない!

どういうこと??って感じですよね。説明しますとキャンプにそのまま持っていける状態で自宅に収納しておくということです。

✔ボックスにキャンプ道具を入れたままにする
ボックスにはキャンプ道具を収納したままにしておきましょう。そうすれば荷造りができているようなものなので、キャンプにボックスをそのまま持っていくだけです。多少荷物の入れ替えがあるとしても一から荷造りをするよりも早く荷造りできます。

部屋におかれたボックス
収納がなくてもボックスがあればそのまま部屋においておけます。

✔玄関をキャンプギアおき場にする
キャンプ道具を玄関においておけば外へ持っていくのが楽です。クルマへキャンプ道具を積むときに、部屋の中のキャンプ道具を取りにいくのに玄関で靴をぬいで部屋まで上がる必要がなくなります。靴を履いたまま玄関においている荷物をクルマへ運ぶだけです。これが地味ですがけっこう楽です。玄関においていると汚れもそれほど気にする必要がないと僕は思っているので、片付けも楽になります。キャンプから帰ってきたら、ちょっと汚れを落として玄関におくだけで片付け完了です。おおきいイスなども玄関においておくのがオススメです。

玄関におかれたキャンプ道具
カゴを積み重ねてキャンプ道具を玄関においてみました。
玄関の棚におかれたキャンプ道具
メタルラックをつかってキャンプ道具を玄関においてみました。

荷物の量を見直してみましょう

荷物を減らせば、荷造り・荷物運び・クルマへの積み込みが楽になるので効果抜群です。

✔使ってない荷物がないかチェックしましょう
僕も荷造りするときにアレもコレも必要と思ってどんどん荷物が多くなってしまいます。当然そんなことをしていると荷物が増えていきます。なので使う荷物と使わない荷物の見極めが必要です。これは意外と難しくて経験が必要です。時間はかかりますがキャンプに行ったときに使わなかったものを覚えておきましょう。そうして地道に減らしていくのが一番確実です。

✔コンパクトなギア・マルチなギアを使いましょう
キャンプ道具に買い替えるのはお金がかかりますが、簡単に荷物を減らせます。特にキャンプ道具を新しく買うときや買い替えるときは収納したらコンパクトか?マルチに使えるか?をチェックしましょう。
コンパクトキャンプ道具【現在、準備中です。少々お待ちください。】
マルチなキャンプ道具【現在、準備中です。少々お待ちください。】

初心者でも簡単に始められるイチオシの収納グッズ

この記事をマネしたいけど「どういう収納を使ったらいいかわからない」という方にオススメを紹介します。はじめて収納グッズを買うのでしたら「トランクカーゴ」がオススメです。
フタがついているボックスです。サイズも色も選択肢が豊富なので好みに合わせられます。値段もキャンプ道具の中では安い方です。荷造りを簡単にするメリットがあるのでお得だと思います。誰にでもオススメできる定番の収納です。

ボックスにキャンプ道具をきれいに収納するには仕切りが必要ですが、トランクカーゴに使える仕切りは僕がもう調査済みで記事にしてあります。100均で手に入るものですので安上がりです。

まとめ

荷造りを楽にする方法について解説しました。僕は基本的に土日でキャンプにいくのですが、1泊2日ですとわりと時間が短くて少しでもめんどうなことは省いてキャンプを楽しむ時間を長くしたいな~と思ってこういう荷造りに行きつきました。
この記事でご紹介した内容はあくまでも僕なりの正解です。キャンプスタイルによって荷造りの方法は異なるとおもいます。荷造りに困っている方はまずはこの記事をマネして少しずつ自分のスタイルをつくっていくといいとおもいます。
おさらいです↓

キャンプの荷造り方法

「何に荷物をいれるか」→オススメはフタ付きのボックス
✔キャンプ道具をたくさん入れられる
✔アウトドアに向いている
✔クルマに積みやすい

「荷物をどういれるか」
✔荷物は種類ごとにわけて収納する
✔荷物の使う場所も考えて収納すると、よりいい
✔荷物はきれいに整理して収納する
✔スペースにはちょっと余裕は持たせる

格段に荷造りが早くなる方法
✔そもそも荷造りをしない!
✔荷物の量を見直してみましょう

初心者でも簡単に始められるイチオシの収納グッズとして「トランクカーゴ」をオススメしました。荷物を整理して収納するための仕切りについても特集した記事がありますので参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました