商品紹介

【プロが本音解説】スロウワーのコンテナ「バスク」〈キャンプ歴10年超の収納設計士〉

バスク

キャンプにつかえるコンテナ「バスク(Bask)」をレビュー!
どうも、らぼちょーです。キャンプ用の収納を40コほど所有するキャンパーです。新たなアイテムを手に入れたので、レビューします。スロウワー(SLOWER)というブランドの商品で、豊富なカラーバリエーションや耐荷重に優れた商品です。

荷物を収納したバスク バスクの外観 バスクの外観 バスクの内側 バスクの底面 折り畳んだバスク 荷物を収納したバスク
▼ 個人的な評価 5つ満点
収納しやすさ 3.43
ふつう
運びやすさ 3.57
やや便利
洗いやすさ 3.06
ふつう
安さ 4.32
安い
頑丈さ 4.47
十分
軽さ 3.96
やや軽い
バスクのレーダーチャート

この商品の評価は、上記のとおりです。こちらについては、後ほど解説します。

  • 個人的な評価をくわしく解説
  • この商品にしかないメリット
  • 知っておきたいデメリット
  • 他のコンテナとの比較

つづいて、スペックです。記事の後半で、より詳しいスペック一覧表をお見せしますので、ここでは読み飛ばしてもらってもOKです。

下の表はスクロールできます<<👆>>※スマホのみ

▼ スペック一覧
サイズ
S L XL
容量
5L 17L 40L
価格(税抜)
700円 1,300円 3,600円
重さ
0.35kg 0.67kg 2.09kg
耐荷重
5kg 5kg 22kg

ぶっちゃけ、いい商品なの?

まずは使い勝手(冒頭で紹介した評価)について、正直な感想を述べます。下記の通り、★5つ満点で評価しました。

とても便利
4.50~5.00
便利
4.00~4.49
やや便利
3.50~3.99
ふつう
3.00~3.49
やや不便
2.00~2.99
不便
2.00未満

収納しやすさ

 ふつう   ★ 3.43

耐荷重の値が高いので、比較的重たいキャンプ道具も収納できます。ただし底面に穴が開いているので、細かいモノは通り抜ける可能性があります。

※耐荷重は、メリットの項目で詳しく解説します。

運びやすさ

 やや便利   ★ 3.57

本体の重さは特に問題ありませんが、持ち手が若干使いづらいです。一方、サイズが異なるコンテナ同士でも積み重ねできるので、クルマへの積み込みは〇です。

※持ち手は、デメリットの項目で詳しく解説します。

洗いやすさ

 ふつう   ★ 3.06

複雑かつ独特な形状なので、汚れると拭き掃除が面倒です。側面にも底面にも穴があるので、その点も洗いやすさの観点からみると△です。

上記の評価より、特に耐荷重が長所の収納である、といえます。メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

この商品にしかないメリット

キャンプで使えるコンテナは、たくさんあります。だから「この商品じゃなくてもいいのでは…?」と思いますよね。数多ある収納の中で、あえてこの商品を選ぶ理由、つまりこの商品にしかないメリットを紹介します。

耐荷重の値が高い。

見た目のわりに耐荷重が高いので、収納するモノの自由度が大きいです。(※もちろん、各サイズごとの耐荷重の値は守りましょう。)私のおすすめは、食器や調理器具の収納として使うことです。食器類は比較的重たいですし、このコンテナは底に穴があいているので、洗った食器類を入れて乾かしておくのにもピッタリです。

サイズ・色のバリエーションが豊富。

サイズバリエーションが豊富で、色の選択肢も多いので、お持ちのキャンプ道具に合わせて選択しやすくなっています。違うサイズ同士の積み重ねも可能なので、収納をバスクに統一することで荷物の縦積みが容易になります。収納する荷物に合わせて色を変えると、荷物が整理しやすいですね。

荷物を収納したバスク

デメリットを詳しく解説

せっかく購入するなら、失敗したくないですよね。買ってから「こんなデメリット知らなかった…」は避けたいところ。私が使っていて気づいたデメリットを詳しく解説します。

持ち手がイマイチ。

持ち手が狭くて、持ちにくいです。手を入れる部分の高さが「Lサイズ」が「2.1cm」、「Sサイズ」が「1.5cm」しかありません。私(手の大きめな男)は、Lサイズでも第二関節まで入らないので、指先だけで持つことになります。Lサイズは、持ち手の真ん中にリブ(補強)が入っているので、それも持ちにくさに影響しています。

ロックが固い。

このデメリットは「Sサイズ」「Lサイズ」だけに該当する内容です。組み立てた状態のロックが固く、折りたたむ時の解除にコツがいります。慣れれば問題はありませんが。逆に言えば、ロックが固いので使用中に誤って解除する恐れがないので、いいのかもしれません。

ちなみに「XLサイズ」は、ロックの解除ボタンがついており、スムーズに解除することができるようになっています。

汚れると、洗いにくい。

見た目から想像できるかもしれませんが、複雑な形状をしているので汚れが詰まると掃除が厄介です。凹凸が多くて、砂や汚れが入り込む場所がたくさんありますし、拭こうと思ってもなかなか全部をきれいに拭くのは骨が折れます。

他と比較して、どうなの?

他の商品と比べると、この商品の「強み」「弱み」が鮮明になります。コンテナ7商品を比較した順位を掲載します。

比較項目
順位
詳細
収納しやすさ 5位 /7種類 3.43
運びやすさ 4位 /7種類 3.57
洗いやすさ 7位 /7種類 3.06
サイズの豊富さ 1位 /7種類 3種類
カラーの豊富さ 1位 /7種類 4-5種類
安さ ※1 4位 /7種類 4.32
頑丈さ ※2 1位 /7種類 4.47
軽さ ※3 4位 /7種類 3.96

※1 価格を容量で除した値(=容量1Lあたりの値段)で比較
※2 耐荷重を容量で除した値(=容量1Lあたりの耐荷重)で比較
※3 重さを容量で除した値(=容量1Lあたりの重さ)で比較

「サイズの豊富さ」「カラーの豊富さ」が1位でした。あなたにピッタリなひとつが見つけやすいです。「頑丈さ」も兼ね備えているので、いろいろな道具の収納に向いています。一方、複雑な形状をしていることから「洗いやすさ」は最下位となりました。

エストリル スローワー エストリル
ショルダーコンテナ キャプテンスタッグ ショルダーコンテナ
シェルフコンテナ スノーピーク シェルフコンテナ
おりたたみコンテナ アイリスオーヤマ おりたたみコンテナ
スタッキングコンテナ アッソブ スタッキングコンテナ
CSクラシックス木製BOX キャプテンスタッグ CSクラシックス木製BOX
バスク スローワー バスク

スペック一覧

下の表はスクロールできます<<👆>>※スマホのみ

▼ スペック一覧
サイズ
S L XL
容量
5L 17L 40L
価格(税抜)
700円 1,300円 3,600円
重さ
0.35kg 0.67kg 2.09kg
耐荷重
5kg 5kg 22kg
 外側サイズ(cm) 
30×20×12.2(高さ) 39.8×29.8×17.5(高さ) 59.3×39.5×22.5(高さ)
 内側サイズ(cm) 
28×17.7×12(高さ) 37.8×27.8×17(高さ) 56×36×20(高さ)
 収納サイズ(cm) 
30×20×4(高さ) 39.8×29.8×4.8(高さ) 59.3×39.5×5.5(高さ)
生産国
中国 中国 中国
主な材質
ポリプロピレン ポリプロピレン ポリプロピレン
▼ この商品の構造
片手で持てる?
×
折りたためる?
スタッキング(※1)できる?
ネスティング(※2)できる?
×

※1 スタッキングとは、ボックス同士の積み重ねのこと。
※2 ネスティングとは、ボックスが同じサイズのボックスの中に入ること。スーパーのカゴのように、空のカゴ同士が重なった状態。

おわりに。

まとめると「バリエーションが豊富で、耐荷重の高さが魅力。」といった印象です。個人的には「デザイン」が気に入っています。複雑かつ独特な形状で手入れはしにくいのですが、クセになる形状です。最初は「なんだ、このデザイン」と思っていましたが、見れば見るほどに愛嬌を感じ、可愛く思えてきます。特に側面の丸みがなんとも言えません…まだまだ語れますが、こんな感想は需要がなさそうなので、この辺でおわりにします。

この記事を作成した時点では、Amazonでの購入が最安値でした。