商品紹介

【徹底解説】ソー ラージトートだけの強み2選!!〈キャンプ歴10年超の収納マニア〉

「おしゃれな収納がほしい」と思っていませんか?収納ボックスはどれも似たり寄ったり、と思っている方には「ソー ラージトート」がオススメです。この商品、インスタ映えも狙えるお洒落なボックスです。木製の板(別売)を使えば、雰囲気のあるテーブルになりますし、アウトドアに合うカラーが豊富です。

この商品をレビューする私は、収納ボックスを15個所有しているマニアです。収納の設計を本業にしているので、収納については多少詳しいです。

  1. この商品にしかないメリット
  2. デメリット
  3. 詳細なスペック

サイズやカラーバリエーション、重さ、強度など、見やすくまとめています。商品を選ぶのに役立ててください。映えを狙うなら、この商品でサイトコーディネートをレベルアップしましょう!

容量 価格
22L 3,200円 透明
53L 4,500円 透明
75L 5,500円 透明

この商品にしかないメリット

木製の板でテーブルになる

キャンプ場ではモノを置く場所に困りがちなので、テーブルはいくつあっても嬉しいです。さらに収納がテーブルとして使えるなら、荷物も減ってさらに嬉しいです。

木製の板が公式に販売されているので、DIYの手間もかかりません。木製なので見た目にも暖かみがあり、サイト全体のお洒落さをUPさせてくれます。このテーブルに料理をのせれば、さらに美味しく感じるかも。

洗いやすい

キャンプの片付けって、めんどくさいですよね。収納も他の道具と同じように、キャンプで使うと汚れます。使ったあとは、拭き掃除をした方が、自宅を汚す心配がありません。このボックスは、底の形状がシンプルなので、拭きやすいです。その他の部分もシンプルかつ丸みが多い形状なので、拭きやすいです。

毎回の片付けのストレスを減らせます。キャンプから帰ってきて疲れていると、些細なことでも面倒に感じてしまいますからね。ちなみに、プラスチックのボックス9種類の洗いやすさを比較しましたが、1位でした。

順位       商品名       洗い
やすさ
1位
トラスト
ソー ラージトート
4.6
2位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
3.8
2位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
3.8
4位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
3.4
5位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
3.2
6位
プラノ
フィールドトランク
3.1
7位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
2.9
7位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
2.9
9位
JEJアステージ
ツールボックスST
2.8

9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

デメリット

フタが外しにくい

下の写真の矢印の部分がボックスに引っかかることで、フタが固定されます。開くときはフタの両側を少し広げて、ボックスとの引っかかりを外してフタを開けます。

他のボックスと違い、フタを固定するバックルがないので外しにくいです。ですが、その分、余計なデッパリがなくボックスのデザイン性はいいですし、拭き掃除もしやすいです。

業務用なのでラフなつくり

公式の販売ページに「業務用なのでラフなつくり」と記載があります。私が購入した商品で、確認してみました。確かに、ロゴの端がちょっと欠けていました。

その他は特に気になる点はなく、きれいな商品でした。キャンプで使うと汚れたり傷が付くので、よっぽど気になる方でなければ、問題にならないかと思います。

収納としての使い勝手

ボックスの角が丸く、収納スペースを隅まで上手く使うのが難しいです。ちなみに、プラスチックのボックス9種類の収納しやすさを比較しましたが、9位でした。

順位       商品名       収納
しやすさ
1位
リングスター ドカット
スタークアール ボックス
5.0
2位
キャプテンスタッグ
コンテナボックス
4.5
3位
JEJアステージ
ツールボックスST
4.3
4位
アイリスオーヤマ
RV BOX|OD BOX
4.0
5位
リス トランクカーゴ
スタッキングタイプ
3.5
5位
リス トランクカーゴ
スタンダードタイプ
3.5
7位
プラノ
フィールドトランク
2.8
7位
アイリスオーヤマ
密閉RV BOX鍵付
2.8
9位
トラスト
ソー ラージトート
2.3

9種類のボックスを徹底比較した記事はこちら

ボックスの角が丸いので、汚れが溜まりにくく、拭き掃除は簡単です。

別売の板の使い勝手

別売の板は便利でオシャレですが、デメリットもあります。

重さ

板をつけるとフタが重たくなるので、ボックスの開閉が面倒になります。

サイズ 板の重さ
22L用 0.77kg
53L・75L用 1.51kg

板が重たい理由は、厚みがあるからです。厚みがあるので丈夫ですし、多少熱いモノを置いても厚みがあるので、ボックスに熱が伝わらず安全※です。

※プラスチックは熱に弱く変形しやすい性質があるため。

ボックスの積み重ね

板をつけたままボックスを重ねると、フタの凹みにボックスがフィットせず、ずれやすいです。積み重ねるときは、板は外しておく必要があります。

詳細なスペック

容量 価格
22L 3,200円 透明
53L 4,500円 透明
75L 5,500円 透明

価格はサイトや時期により、異なる場合があります。

容量 サイズ(外側)
幅×奥行×高さ
(mm)
サイズ(内側)
幅×奥行×高さ
(mm)
重さ
(本体)
(kg)
重さ
(フタ)
(kg)
耐荷重
(kg)
22L 440×315×275 360×240×265 1.5 0.41 80
53L 708×434×272 555×355×263 2.7 0.76 80
75L 708×434×384 545×345×376 3.6 0.76 80

サイズは計測位置により、差が出る場合があります。

片手で持てる? ×
フタの開き方
生産国 中国
主な材質 ポリプロピレン
ボックス同士の
積み重ね
同じサイズ 〇   
違うサイズ 〇 ※1

※1 53L、75Lの上に22Lを2コ載せられます。53Lと75Lは互いに積み重ねできます。

まとめ

別売の板で簡単にお洒落さをゲットできますし、手入れも簡単な優れた商品です。
製造元は、TRUST(トラスト)というメーカーです。世界屈指のプラスチック製品メーカーである「ラバーメイド」の製品を製造していた実績もある、経験豊富なメーカーです。主に業務用の商品を扱っているので、耐久性も信頼できます。耐久性にも優れ、お洒落さも備えるボックスでサイトコーディネートをレベルアップしましょう!

紹介した収納ボックス一覧

22L

53L

75L

木製の板 22L用

木製の板 53L・75L用